弁護士 司法書士

弁護士、司法書士

債務整理を法律の専門家に依頼したり相談しようと考えるのであれば、弁護士や司法書士の元に行くと言うのが一般的です。

 

そもそも弁護士と司法書士の違いは?といえば、債務整理の相談だけに関していえば、それほど大きな違いはありません。
借金やそれにまつわる手続きの相談であれば、債務整理を主たる業務にしている司法書士がたくさんいますので、有効なアドバイスをもらうことができるでしょう。

 

ただし、現実に債務整理手続きを依頼するとなると、弁護士の場合には受任さえしてもらえれば誰にでも依頼できますが、司法書士の場合には、簡裁代理権を持っている書士に依頼する必要があります。

 

簡裁代理権とは、簡易裁判所における(1)民事訴訟手続、(2)訴え提起前の和解(即決和解)手続、(3)支払督促手続、(4)証拠保全手続、(5)民事保全手続、(6)民事調停手続、(7)少額訴訟債権執行手続及び(8)裁判外の和解の各手続について代理する業務、(9)仲裁手続及び(10)筆界特定手続について代理をする業務等の簡裁訴訟代理等関係業務を行うのに必要な能力を有すると、法務大臣が認定した代理権です。

 

注意が必要なポイントとして、司法書士が取り扱える簡易裁判所の手続きは140万円を超えない範囲となっていますので、債務がこれ以上の金額である場合には弁護士に依頼する必要があります。

 

業務についての費用面でみると、一般的には弁護士費用の方が高くなっているケースが多いですが、これについては専門家ごとに独自の報酬基準が定められており、実際には相談するときに個別で確認する必要があります。

 

様々な理由から、直接相談に行く時間がないという場合や、いきなり専門家に直接相談するなんて敷居が高いと感じているなら、インターネット上で無料で利用できるシミュレーターで、ご自分の債務について判定してみてはいかがでしょう。
下記から簡単に利用できますので、一度確認してみてください。

 

 

無料の借金解決診断シミュレーター

↓↓↓ご利用はこちら!↓↓↓